スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケ20cube始動 vol.1

例の如く表題と本文が多少異なりますが、
コケ20cubeの練習用ということで、
ガラスグラスのコケリウムを作って行きましょう。


まずは焦土の作成から。

以前買った『極床超造形君』を容器に入れます。

IMG_0730.jpg

カブトムシ等が好みそうな土ですね。
触った感じさらさらしていて、
これで形状を自在に操れるのか?と不安になります。


そしてこれを水で溶いた物がこちら。

IMG_0731.jpg

これで焦土の完成ですが、凄く。。。汚いです;
この作業は屋外でやった方が良さそうですね。
服や壁に付いたら落ちなさそうな色や質感をしています。


これを容器に盛っていきます。

IMG_0732.jpg

焦土の下にはアマゾニアが敷いて有ります。
ここで留意点ですが、今回作業してみた感じ
[ソイル1:1焦土]が良さそうです。(器の大きさにも寄ると思いますが)
この画像では[ソイル4:1焦土]でやったのですが、
作業をしているうちに焦土の隙間からソイルが覗いていました。
こうなると見た目と保湿の性能が落ちてしまうので注意が必要です。

そして気になる造形力ですが、凄いです。
粘土みたいになるので形状には結構自由が利きます。
独立してトンネルを造るのは厳しそうですが、
壁を土で覆う事は出来そうですね。


さて、ここからお楽しみのコケ敷きです。

IMG_0734.jpg

今回グラスが円形なので、その形に合わせてコケを敷き詰めます。


IMG_0735.jpg

10cm無い程のグラスですのでピンセットが有効です。
このピンセットは100均のサラダトングですが、
コケがサラダっぽいので掴みやすく作業がはかどります。


IMG_0736.jpg

こういう石の隙間とか狭い空間にはアクア用のピンセットが良いです。
アクア以外でも用途が有ると、ピンセットの価値が更に上がりますね。


もうほとんど全景が見えちゃっていますが、
記事が長くなってしまったため完成画像は明日のご紹介で。

あと、コケリウムめっちゃ楽しいです。
簡単でお安く、時間もかからないのでお勧めです!
是非皆さん試してみて下さい!



スポンサーサイト

コケ20cube準備 vol.5

以前アクアテイラーズで買ったコケリウムの素材を
色々ご紹介させて頂きました。
が、紹介し忘れていた物が1つありました。

コケリウムとは言えコケだけを使う訳では有りません。
アクアリウムでは馴染みの無い水上葉も使います。
ですがこの手の物はアクアショップで買うと
1つ500円〜1000円程してしまいます。

そこでテイラーズのスタッフさんに少々質問をしました。
普通の観葉植物でも大丈夫なのか?というもの。
返答は『大丈夫ですよ』とのことでした。


妻は観葉植物が好きなのですが、いつも100均で購入しています。
100均の観葉植物は品揃えも良く、安価なため数種類買う事が出来ました。

6789.jpeg

そして今回100均で購入して来た観葉植物です。

正面からの写真を撮り忘れてしまいましたが、
この写真の手前から順にご紹介して行きます。

『ブライダルベール』
丈が低く葉が固いのが特徴で、いかにも丈夫そうな植物です。

『ヒポエステス』
葉がうっすらピンク色になるかわいらしい植物です。

『ラカンマキ』
丈が高く、ポイントでアクセントになる植物です。

この3点を購入してきました。
本当はもっと種類が欲しかったのですが、
テイラーズで買った荷物も有り、3つで限界でした;

さて、素材も全てご紹介したところでコケリウム本格始動ですが、
既にガラスグラスの方は手をかけていて、2つは完成しています。
また明日以降のご紹介になりますが、
ゆっくり更新して行こうと思います。



洗浄力は。

さて、以前『WASABI』さんで購入したキッチンハィ。。。
いや『SUPERGE』ですが、試験的に使ってみましたので
レビューと言う程でもないですがご紹介を。


201407291344272ad.jpg

まずはディフーザーを取り外します。
結構コケまみれで、Do!のに関しては1カ所からしか気泡が出ていない状態でした。


2014072913441974c.jpg

汚いですが、一応セラミック板の汚れを載せておきます。


20140729134436485.jpg

『CLEAN BOTTLE』のフタを開け、肩の部分まで水を注ぎます。
このボトルは洗浄する機器が入る大きさであれば何でも良いです。
私は見た目で物を買う主義ですので、ADAのロゴが入っていたら買っちゃいます;


20140729134444440.jpg

次に『SUPERGE』をキャップ一杯まで入れます。
先程ボトルの肩まで水を入れましたが、
そこにこのキャップ一杯入れると適量に希釈されるそうなので、
その点では『CLEAN BOTTLE』の利点と言えるでしょう。


20140729134451521.jpg

さてこれでひとまず放置です。
通常汚れに合わせて30分〜1時間程漬け置きするそうですが、
私はこの間出かけていたので3時間程漬けました。


20140729134500076.jpg

そしてこれが洗浄後です。
結構綺麗に見えますが、取り出してみると。。。


20140729134516c83.jpg

少し汚れが残っていましたが許容範囲でしょう。
泡が洗浄前より拡散すれば問題有りません。


20140729134526b77.jpg

201407291345355fe.jpg

うん!いい感じです!
UFO型の方は新品で買ってくるより綺麗な細かい気泡が出ています。
Do!の方も綺麗に泡が出ている上、やっぱり見た目がGOODになりました!


良い買い物をしたと思いますが、これは人それぞれになってきそうです。
今回やった事を簡単に言うと、
キッチンハイターをプラスチック容器に入れているだけなので、
それで全然構わないと言う方は、そちらの方が安価で済みますし経済的です。

ですがやっぱりADAのブランド力は有ります。
薬品にADAと書いてあるだけで、アクアリウムに使っても良いんだと言う
安心感が出てきます。(※SUPERGEは絶対水槽に入れないで下さい)

あとは見た目ですね。
頻繁に使う物ではないので基本飾り物です。
その見た目、インテリアとして置いておくとしたら
やはりADA製品になってくるでしょう。

上記2つの商品は特別高い訳では有りません。
2つ合わせても1500円に行かないので、
それ等を色々加味した上で高いか安いかを決め、
自分のアクアスタイルに有った物を使うのがやはりBESTですね。



総評:私は大満足です!




新リンク追加!!

遅くなりましたが新リンク追加のご紹介です。

ブログを始めて約1ヶ月半。
元々お知り合いだった方以外の方からコメントを頂くのは始めてでした。
しかもそのお方もFC2ブログをされている!
こうなればブログをご紹介しない訳には行きません!


では新リンクをご紹介!

やまちゅさんの
『まったりAQUA。。。』です!
http://shogo10313.blog.fc2.com/

mattari.jpg

まだブログを始められたばかりで、
これからが凄く楽しみな記事ばっかりです!!

皆さんも是非遊びに行ってみて下さいね!



4度目のアクアテイラーズ。

と言うことで今日行ってきました。


ですが今日はいつもとは少し違います。

『ウィローモス育成記録』
http://akahire04.blog.fc2.com/
のラムズさんと一緒にお買い物をしました。

やはりアクアをやっている人に悪い人は居ません。
終始お互い笑顔で会話ができ、
非常に楽しい1日を過ごすことが出来ました。



買い物はというと、コケリウムを始動するにあたって
材料を買いに行きました。

ザザザっと写真を見て行きましょう。

20140727202951896.jpg

少し写真が暗くなってしまいましたが、
当初予定していたコケと、そうでないコケを購入。


20140727203000afb.jpg

こちらが『アラハシラガゴケ』です。
当初予定していたコケですね。


20140727203009091.jpg

もう一つがこちら。
もさもさ感がたまらなく可愛いコケで『ハイゴケ』と言うそうです。
ウィローモスに似ていて親近感がわきます。


20140727203016fc6.jpg

後はこちら、流木を二本ほど買ってきました。
元々一本持ち合わせがあるので、計三本で今回20cubeをレイアウトしていきます。


更にこちらを購入。

20140727203024f7c.jpg

『極床超造形君』です。
形を自由自在に操ることが出来る、夢の様な底床だそうです。(コケ用)


後はアマゾニアが安かったので買ったのと、
龍王石を少々購入してまいりました。



さてさて素材もやっと集まったことですし、
そろそろコケリウムでも始めますかね。




ミナミヌマエビ。

ヘッダーにも英語で書いている通り、
悲しいことが有れば嬉しい事もあるものです。

以前20cubeのエビが次々落ちていったことを書きましたが、
その際に抱卵個体も★になったとお伝えしました。
ですが昨日仕事から帰って水槽観察をしていると。

201407261357063b6.jpg

あちこちに稚エビを発見しました。
その数15匹~20匹程。

★になる前に最後の体力を振り絞って孵化させていたんだと思うと、
すごく嬉しい半面、ひどいことをしてしまったなとも思います。

せっかく産んでもらった稚エビ達、なんとしても大人にしてあげ、
さらなる子孫を増やせる環境を作ってあげようと思います。



私の心に生々世々の如く遺る。

昨晩会社からの帰宅中に妻から一通のLINEが。





 ・
 ・
 ・
そうか。
思っていたよりもその時は早かった。
何も対処してやれなかった。

妻からのLINEはこうだった。
『おベタが・・・(ノω・、)』

急いで帰ってももう遅いのに足が速まる。
自分の不甲斐なさに悲しみがこみ上げる。

帰ってみるとベタ君は水草に引っかかり、
仰向けになっていました。




写真を撮っといてよかったです。
カメラが変わったので綺麗な写真が沢山残りました。
ブログもしていてよかったです。
私の心の中だけでなく、ブログにも沢山残りました。


最終的に死因は分かりませんでした。
寿命なのか怪我なのか、または病気だったのか。

予想の域を脱しませんが、寿命が近く体力も無くなり、
混永のストレスも相まって病気になってしまい、
そのまま闘病に耐えきる体力が無く
逝ってしまったのではないかと。

私の管理不足。この言葉に尽きますね。



ベタ君今までありがとう。
色々勉強させてもらいました。

安らかにおねむりください。



開封の儀。

まず始めに、表題とは全く別の話を少し。

昨日仕事から帰り、いつものように水槽の確認。
そこで異変が。。。
ベタ君の尾びれの一部が無くなっていました。
病気なのか怪我なのか、まだ何が原因でそうなったかは不明。
可能性が高いのは尾グサレ病、または白雲病。
昨日は水草の茂みに居たのであまり観察が出来なかったため
今後経過を見て対処方法を考えようと思います。

今は底の方でじっとしていますので、
無理矢理別タンクに移動は体力的に厳しそうです。
換水をこまめにして、薬浴はまだ控えようと思います。

以前金魚の時はあれこれ構い過ぎたために
体力が無くなり衰弱していった経緯が有ります。
そうしない為にも今回は慎重に状態を把握して
治療に望みたいと思います。





さて話が暗くなってしまいました。
表題に戻りまして、昨日言っていた通り『WASABI』さんで購入した
ADA製品を見て行きましょうか。

fff.jpeg

このカッコいい袋に入れて頂きました。
限定数が有るようで大切に保管をしたいところですが、
この写真の裏面が一部既に破れてしまいました。。。残念です。

この中に入っている物とは。


bbb.jpeg

『SUPERGE』『CLEAN BOTTLE』『おまけのADAステッカー』
ステッカーは大きくてどこに張ろうか迷っています。


hhh.jpeg

ccc.jpeg

CO2添加を始めてもうすぐ2ヶ月経ちます。
汚れのおかげで気泡も少しおおきくなりつつあり、
そろそろ掃除が必要と言う事で今回の購入に至りました。

まだ使用していませんが、
ブログ等を色々見ていると結構な洗浄力だそうで、
凄く楽しみにしています。(キッチンハイターとか言わない)



ベタ君。

ヘッダー画像を久しぶりに差し替えました。
英語はデタラメですので合っていません。
内容は『アクアリウムは癒されるね』と言う内容。
あと『楽しい事だけじゃなく悲しい事も有るよね』と言う事も。
これは自分への戒めでもありますね。



差し替えた画像の2枚目にベタ君がいますが、
最近あまり元気が有りません。

基本的に茂みに隠れているので、
仕事から帰って来たら、ベタ君が顔をのぞかせるまで
水槽の前に待機するのが日課となりました。

IMG_0013.jpg

もともと成魚の段階での購入でしたので、
お店でどれくらい飼っていたかは不明。
もしかしたら寿命を迎えるのもそう遠くないのかも。

最近はフレアリングもあまりしなくなっています。
バックスクリーンを黒にしていた時は、
ガラスに向かってフレアリングをしていたので、
今後もう一度バックスクリーンを張ろうと思います。



ここ2日間少し寂しい記事になりましたが、
明日から通常運行です。
『WASABI』さんで購入したADA製品もお見せしたいですし、
それを使った感想とかも綴って行きたいですね。

因に購入したADA製品は、ガラスやステンレスじゃ有りませんので
あまり期待しないで下さい;



人のエゴとは。

綴りたくない事を綴って行く事。
ブログを始めれば嘘はつけなくなる事。
ありのままを報告する事。


この記事を義務的に淡々と語れればどれだけ楽か。

先述しておきます。
話が長い上に写真は一枚も有りません。
気分を害する方もいらっしゃると思いますので、
読む時は少々お気をつけ下さい。


20cubuのミナミヌマエビが8匹★になりました。
残りの2匹もひっきりなしに落ち着く事無く動き回っていて、
近日中に落ちそうです。。。


原因は遡る事2週間前。
バルーン・プリステラを20cubeに入れ始めてから異変が起きました。
プリステラ自体はおとなしい魚で、ミナミに攻撃するような魚ではありませんが、
投入してからミナミがポツポツ落ち始めました。
始めは水温によるものだと思っていましたが、
どうやら違う事が原因だったようです。

魚を投入する前は【水換え2日に1回1/4】で
【NO3は50mg(これでも少し高いですが)】程度を推移してました。
投入後、水換えを【1週間に1回1/3】に変更しましたが、
2日で4cm程水面が下がるので、足し水自体で1/5強は
新しい水を入れる事になります。

換水頻度を変えてから3日程検査をしましたが【NO3/50mg】程度を維持。
大丈夫だと高をくくってその後は検査を怠りました。

換水の頻度を変えて4日目あたりから、
ミナミがポツポツ落ち出し、これを水温の所為だと決めつける。

6日目くらいで、45slimの水温も同じだけどエビは元気な事に気付く。

ハッとして20cubeの硝酸塩を計ると。。。
【NO3/250mg】を越えていました。
急いで換水し始めましたが、さすがに気付くのが遅すぎました。
20cubeのミナミを半分45slimに避難させましたが、それもまた私のミスの一つ。
45slimに移したエビから硝酸塩中毒と水質変化で落ちて行きました。

ここまでで6匹のミナミが★に。
抱卵していたミナミも既に逝ってしまいました。

打開すべく20cubeを毎日1/4換水。
硝酸塩が少しずつ下がって行くも、100mgからが一向に下がりません。
100mgでも一般的にはそんなに問題は無いそうですが、
亜硝酸塩より毒性が低いと言うだけで全くの無害と言う事ではない硝酸塩。
出来れば0にしておきたいですがなかなかうまく行きません。

そんなこんなしているうちに2匹飛び出し。
水質が悪いため、もがき苦しみ最後は身投げさせてしまいました。。。




現在私は小型水槽の水質管理の難しさをまじまじと見せつけられています。
幸いプリステラは無事で、5匹ともに異変は見られません。

様子を見つつプリステラも早急に対処が必要ですが、
私があれやこれやとやっても逆効果なのは目に見えています。
依然酷な環境だと分かりつつも、20cubeの換水を怠らない事が
最大で最速の解決策だと思います。


魚類、甲殻類とは言え命を預かる身。
責任もって愛情もってしてもミスをすれば★が増えます。
きれいごとを言っていても
『人間のエゴで生き物を殺している』のは間違い有りません。

ですがやめられません。
それでも楽しいからです。



人のエゴとは厳ついものです。



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。